シーサー専門店!本物の県産シーサーだけを取り扱って16年のネットショップしまんちゅ工房です。お電話でのご注文、お問合せもお気軽に受けたまわっております。098-946-3035 平日10時〜17時 しまんちゅ工房のトップページを見る メールでのお問合せ 買い物カゴをみる
 
シーサー専門店しまんちゅ工房は私達夫婦が運営しています。
 
ようこそ!しまんちゅ工房へ!
沖縄生まれ、沖縄育ちの私達がこの島で生まれたシーサーに、島風を添えてお届けして16年。お越し頂いたご縁を大切に皆様と守り神との出逢いをお手伝い致します。
 
 
シーサー専門店しまんちゅ工房の作品群です。
 
 
シーサーに関するお問合せはコチラからどうぞ。
 
お問い合わせのメールは、24時間承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。2日営業内に返信いたします。
 
 
 
2005年のオープン以来、変わらない当店の約束です。
 
 
シーサーの置き方
 
当店が考えるシーサーの置き方をご説明いたします。これを見ればバッチリ!です!
 
 
特大シーサー!
 
 
シーサーを購入して頂きましたお客様の声をご紹介します。
 
2012年時点で482件の喜びの声を頂戴しています!いつまでもお届けしたシーサーが御守りするように祈念しております。
 
 
 
総合案内
 
 
お支払い方法について
 
 
お届け日数について
 
 
送料・梱包料金について
 
 
返品・交換について
 
 
特定商取引について
 
 
プライバシーポリシー
 
 
 
 
琉球ガラスの通販は姉妹店でどうぞ
 
姉妹店の琉球ガラスもあります
琉球ガラスでシーサーを見ながらあっり♪かんぱーい(^^)
 
 
 
 
本格シーサー 魔除けシーサー 壁掛けシーサー 小さいけど本格シーサー 招福シーサー 釉薬シーサー シーサー一覧
この道、五十年
 
 

はいさい!しまんちゅ工房の新垣(あらかき)と申します。

与那原町で2005年の夏いらい、県内外へ沖縄県産のシーサーを販売してまいりました。
このページでは、尊敬してやまない父をご紹介いたします。

父「新垣信一(あらかきしんいち)」は、1950年に祖父「新垣菊信」が創業した新垣花鉢工場の二代目として、
この世に生を受けました。

   
   
   
   
   
   
Since1950
   
 

時は1945年、第37師団に所属していた祖父は戦友と戦地から沖縄にもどり、戦友の家業であった島袋瓦工場
でモノ作りに従事していました。

赤瓦の産地である与那原町で修行に励んでいた祖父は、北京からバンコクまで踏破した第37師団で出逢った戦友
との約束を自身の独立の暁に実行したのでした。

約束とは、戦友から戦地で言われた一言「生きて帰れたら妹を貰って欲しい」

祖父にも妹がいました、名前は「菊」。いみじくも戦友の妹と同じ名前。

沖縄には無事に帰ってきた祖父と戦友ですが、疎開先で生き延びた祖母。
沖縄の苛烈な地上戦でなくなった祖父の妹。

時代で起きる選択は命のリレーに大きな影響を与えます。

祖父と祖母に心から敬愛と感謝を。そして先の大戦で命をうしなった全てのみたまに生を預かったモノとして
この命に誠を捧げる事を固く誓います。

   
   
   
   
   
   
戦前の瓦制作風景
   
 

写真は家業である島袋瓦工場で男瓦「うーがーら」を制作する祖母です。戦前に撮られた写真です。

祖母は「やっちー(御兄さん)の言う事は絶対だった」と生前語ってくれました。
でもその言葉には尊敬と親しみがこめられた事を覚えています。

戦中は祖父は日本兵、祖母は宮崎へ疎開、二人が時折語ってくれた戦争談はいつも異なりましたが、
「戦争に比べたら・・・」といつも強く、 逞しく5人の子供達を立派に育てた強い自尊心は、
二人からいつも感じていました。

祖父の名前から「信」をもらいこの世に生を受けた父「新垣信一」、
力強い二人の元で長男として育った父は・・・。

   
   
   
   
   
   
   
 

元日本兵の父をもつ父でしたが、時は安保闘争をめぐる学生運動がまだ沖縄で残っている1972年、
友達から「会議への出席を取りやめて今日は俺と呑み明かそう!」と誘いを断れず、
その友達の家で翌日に見た出席するはずの会合で仲間が逮捕された記事、さらに日本刀をおびた暴力団と
対峙するなど・・・。
学生運動が劇化していく最中に、「こんな事は俺の理想じゃない」と。大学を中退して家業に戻ります。

恐ろしい時代ですね・・・。ただ何度も言いますが祖父と祖母が経験したモノに比べると・・・。

祖父母の強さと正義感を引き継いだ父。

写真は29最で町議員に初めて立候補する出馬演説の様子です。

真ん中で走り回る子は・・・そう、私です。

写真左から祖母、祖父、母と弟、私に父。父と祖父だけは上を見ている良い写真になりました。

父は、工場で働きながら若い頃から青年会を通して地域を盛り上げ、これまでになかった青年団を組織
して初の島尻地区の青年会長になり、23年与那原町議員を務めたのち、町長を4年務めました。

   
   
   
   
   
   
   
 

父が窯焼きをしている写真です。父の代で登り窯からガス窯へ工場も木造建てから鉄骨の二階建てへと
大きく飛躍させていきました。
また町長時代も小泉首相だった構造改革のまっただなか、父も沖縄一厳しい行政改革を断行します。
自身の給料も削減、町長車両の廃止など後の残るような改革を成し遂げ一期4年で辞めてしまいます。

「町民の為に町長になり、自分の為に町長を辞める」そう語る父は、私から見ても最高の経営者であり、
最高の政治家だと誇りにおもっています。
いま現職の町長は父が町長時代になしとげた行政改革を支えた総務課の課長です。

リーダーの務めはリーダーを育てる事。

という事で私も政治に!ではなく(^^)地元の商工会青年部で部長職と支部長職で鍛えてきましたが、
父に比べると足元にも及びません。

一時期は父の背中ばかりを追い求め葛藤していましたが、今は父と一緒に仕事が出来てこの上の無い慶びに
包まれています。

きっと私の代で祖父母が築いた「モノ作りへの」原点回帰になっているのだと思います。

 
 
 
 
 
 
逆境
 
 

順風満帆に見える父ですが、実は何度も困難にぶつかっています。

41歳の時、土練機という土をこねる大きな機械に利き腕の右手を巻き込んでしまう大きな事故に遭います。

緊急手術をした先生からは、「もう二度と元のようには動かない」と宣告されたそうですが、
そんな父に初代の祖父は、「第一線の制作ラインから外れ、シーサーを制作しなさい」と助言したそうです。

利き腕が使えない父がとった行動は・・・。

 
 
 
 
 
 
不撓不屈
 
 

なんと父は、左手を利き腕にしました。

その苦難の道は母が支えました。

運動音痴な母ですが、車の免許を取得しリハビリの父を支えました。

また、元に戻らないと宣告された右腕のボルトをへし折る程の懸命なリハビリで先生を驚かせ、
強い精神力で逆境を跳ね返し「両手でシーサーが制作出来るようになった!事故は天命!」と感謝するまで
回復しました。

 
 
 
 
 
 
信念
 
 

実は父の逆境はこの事故に始まらず、学生の頃は二階から転落する事故、最愛の妻との早いわかれ
自宅での祖母の介護。

「我に七難八苦を与えたまえ!」と山中幸盛は三日月へ言い放ちますが、
父もまたその不撓不屈を受けつぐ人なのだと確信しています。

経営者。政治家。どれも父の顔ですが、私は職人としての父が今は好きです。

小さい頃からずっとシーサー職人という訳ではなく、ただ土にかんしてはモノがない時代です。
父の遊び道具だったことから「土」をさわるという道はもう65年以上にもなります。

経営者、政治家、そして父として夫として息子として、一人の男として、若い時に抱いた理想の世界を目指して
今日も全ての経験をシーサーに込めています。

   
   
   
   
   
   
2022年8月20日 久高島にて
   
 

祖母の介護が終わり、7年ぶりにシーサー制作を再開した父は、また今も逆境を抱えています。

70歳まで元気で薬要らずの父でしたが、難病指定を受けた病気と闘っています。

最後の最後まで自身の逆境に屈せず出来る事を一生懸命に尽くす父の作品は、
最高の魔除け獅子だと私は思っています。また息子から見ても最高の父だと思います。

初の選挙出馬の際に写真を先にご紹介させてもらいました。その時、小さい頃の私が映っていました。
2022年の夏の上の写真は、私の息子が父といます。

菊信から信一、信一から私である信人

そして息子の慶信

私たちが大切にしてきた「信」という文字の意味をそれぞれの人生で経験しながら見出し、また皆さんの人生が
光り輝くように父と一緒に守護神をお届けしたいと思っています。

   
   
   
   
   
   
白毫
   
 

最後に父には、シーサーへの哲学観があります。

「もともと獣だったシーサーが、焼き物師との出会いで、獣から神に目覚める」という考えです。

その哲学観から、制作の最後、眉間に白毫(びゃくごう)を入れ、守り神として命を吹き込んでいきます。

「苦難の時こそ導いてくれる光が必ずある」

その精神が形となり、守り神として命が吹きこまれた父の作品。

迎えてくれた方々から沢山の慶びの声を頂く度、父のシーサーが、その光となっている事を感じ、
大変嬉しく思います。

   
   
   
   
   
   
最終章
   
 

父の作品は、当店での取り扱いのみになります。

こちらで紹介する作品は、全て1点モノになり、注文を受ける時点で完売御礼となります。

また、昨年叙勲をもらった父は今年71際、モノ作りの最終章に入りました。

これから制作する作品は、当店にとって新垣家にとって全て価値の高いモノになりますので、
父の哲学観をご理解頂きまして、購入頂けましたら嬉しく思います。

最後までお読みいただき、いっぺー!にふぇーでーびる(誠にありがとうございます!)

ですがっ!もっと語りたい事たくさんございます(^^)
私たちを知って頂くのは作品に込められた想いを知って頂ける事だと思っています。

作品に込められた「想い」と共に皆様にとって最高の守護神たらんことを切実に願っています。

いつまでも、子々孫々まで私たちが信じる加護が降り注ぎますように。
また、
気持ちばかりですが毎月の終わりに御嶽へ参拝していますので、もし良ければこちらもご覧ください。

 

 

毎月の終わりに祈念と感謝をこめて
   
   
   
   
   
   
作品一覧
   
   
   
   
   
魔除け獅子(白毫) 空手シーサー「アーナンダイ」 作 新垣信一  
   
魔除け獅子(白毫) 空手シーサー「アーナンダイ」
作 新垣信一

360,000円
 
   
   
   
   
   
魔除け獅子(白毫)立横シーサー「不動」
   
魔除け獅子(白毫) 立横シーサー「伊達」
作 新垣信一

385,000円
魔除け獅子(白毫) 立横シーサー「不動」
作 新垣信一

132,000円
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

魔除け獅子 金剛 作 新垣信一
7,560,000円

完売御礼

魔除け獅子 韋駄天 作 新垣信一
360,000円

完売御礼

   
   
   
   
   
   

魔除け獅子 独眼竜 作 新垣信一
380,000円

完売御礼

魔除け獅子 治金丸 作 新垣信一
420,000円

完売御礼

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
       
   
       
 
       
       
       
 
トップへ戻る
 
シーサーの歴史 シーサーの意味と由来 シーサーの種類 シーサーの置き方

沖縄を知る・伝える・創造する! しまんちゅ工房:沖縄県与那原町字上与那原364−1 電話/FAX 098-946-3035 代表者 新垣 信人

Copyright (C) 2020 shimancyu-koubou All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載、 このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。