めんそーれ
 
ようこそ!しまんちゅ工房へ!
沖縄生まれ、沖縄育ちの私達がこの
島で生まれたシーサーに、島風を添
えて届けして14年。お越し頂いた
ご縁を大切に皆さまと守り神との
出会いをお手伝い致します。
 
シーサーの作品群
 
本格シーサー
 
魔除け獅子
 
壁掛けシーサー
 
釉薬シーサー
 
招福シーサー
 
小さな守り神シーサー
 
シーサー作品一覧
 
 
お問い合わせ
 
お問い合わせのメールは、24時間
承っております。どうぞお気軽に
お問い合わせください。2日営業内
に返信いたします。
 
 
お約束
 
2005年のオープン以来、変わら
ない当店の約束です。
 
 
シーサーの置き方
 
当店が考えるシーサーの置き方を
ご説明いたします。これを見れば
バッチリ!です!
 
 
特大シーサー!
 

お客さ様からのご感想
 
2012年時点で482件の喜びの
声を頂戴しています!いつまでも
お届けしたシーサーが御守りするよ
うに祈念しております。
 
 
総合案内
 
お支払い方法について
 
お届け日数について
 
送料・梱包料金について
 
返品・交換について
 
特定商取引について
 
プライバシポリシー
 
 
姉妹店琉球ガラス
 
姉妹店の琉球ガラスもあります♪
琉球ガラスでシーサーを見ながら
あっり♪かんぱーい(^^)
 
本格シーサー 壁掛けシーサー かわいいシーサー 沖縄ストラップ 紅型壁飾り しっくいシーサー 沖縄雑貨
 
 

父も祖父も瓦工場を運営しながら、瓦屋根にふさわしいシーサーも制作していました。

シーサーを取り扱って12年小さい頃からシーサーを見てきたので、30年。 今最高のシーサーとして皆さまにご紹介したいと
思います。 あくまでも僕個人の意見なのですが、県内トップ5に入ると思います(^^)

申し訳ないです。シーサーに良し悪しは、ほんとはないのですよ。作り手と買い手の皆さんの想いが重なった時、
それが一番素晴らしいシーサーだからです(^^)その架け橋として私達はあり続けたいのです。

でも、少しだけ僕の個人的な感想を(^^)

 
 
 
 
 
 
 

名波さんの作品の特徴は、やはりそのフォルムです。もともと彫刻家でもありますので、その造形は素晴らしいです。

一本の線と全体の線。力強くて繊細で優しくて、守り神にふさわしい模様が施されています。もともと「うずまき」の模様だけ
でも「魔よけ」としての歴史があります。螺旋やスパイラルは歴史上でも魔よけや神秘のマークとして登場してきます。

シーサーの職人さんは、「うずまき」にはそれぞれ非常にこだわりを持ちながら描いています。それぞれの哲学観や思想が
感じられる場所でもあります(^^)

皆さんはどのように感じますか(^^)

 
 
 
 
 
 
 

筋骨隆々の獅子です。素晴らしい表現ですよね(^^)獣のような荒々しさを残しつつも神としの神々しさ絶妙なバランスです!

シーサーのルーツはこちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
 

シーサーを取り扱って2019年で14年になります。よく皆さまからご質問頂くのは「どのシーサーがいいか迷う」です(^^)

その通りだと思います。沖縄県内で制作されているシーサーはたくさんございます。迷うのは至極当たり前のように思います。

私がいつも皆さまへ申し上げていますのは、シーサーも一期一会の出会いで、最初の印象がとても大切な事のように思います。
シーサーにどれが正解かはありません。皆さんの心に感じたままで良いと思います(^^)

皆さんのシーサーとの出会いをお手伝い出来たらこんなに嬉しい事はありません。

父も祖父も制作してきたシーサーは僕達の文化です。その文化を支えるのは、職人さんと皆さんだと思います(^^)

 
 
 
 
 
 
 

こちらの作品は、完全てびねりと申しまして、一切型を使わずに制作していきます。「手作り」とは一線ちがう作品となります。
ですので、完全オリジナルに近い作品になります。
皆さまにお届けする作品は写真とは若干の違いが出てきますが、ご安心ください。名波さんの作品は熟度が増してきます。
そのように感じます。それは、どの職人さんにも言えますが若い時は若さがあり、だんだんと勢いは落ち着いていくものの、
風格が増していきます。父も祖父もそうでした。

作品はかならず職人さんの器と同じになりますので、世界で唯一の作品との出会いをぜひぜひ楽しみにお待ち頂けたらと思います。

 
   
   
   
   
   
   
   
   
 

正面から見て右が口が開いている雄。左は口を閉じている雌となります。
始まりと終わりを指す陰陽道を取り入れた対となりますが、門柱の普及と共に対が基本となっていきました。

方角を気になさる方もいますが、何度もお伝えしていることは、家主さんを中心に家族全員で位置を決めてもいいと思います。
好きな所へ置くのが一番です(^^)

   
   
   
   
   
   
 

素晴らしい!!後姿ですね(^^)この質感。色実に見事だと思います。この出し方は、名波さん独特の技法です。

シーサーへ黒を用いるのは、たくさんありますが、この質感、赤とのコントラスト、バランス、最高峰の黒だと思います(^^)

   
   
   
   
   
   
 

どの角度からも風格を感じます。とても力強よくて、少しだけ慈愛や慈悲を帯びた見事な守り神です。置き方は色々考えござい
ますが、皆さんの置きたい場所が一番最適だと思います(^^)ちなみに実家は、東西南北父が制作したシーサーが屋根に鎮座して
くれています。沖縄の台風でも大丈夫です(^^)

沖縄では、建て替えの時にシーサーを丁寧に外してまた新築の屋根に置くかたもいます。素焼きなので、シーサーには苔や
染みもでますが、それも長年鎮座してきた証として洗わず残す方もいます。

それぞれの考え方ありますので、ぜひ皆さんの愛し方を実践なさってください。

   
   
   
   
   
   
  素晴らしシーサーです。僕はこの作品から龍を感じます。龍神と呼びたくなるようなオーラがあります。
   
   
   
   
 
   
   
  てびねり獅子(黒) 作名波均
   
 

作品情報
高さ(最大寸法)約30cm
横幅(最大寸法)約27cm
奥行(最大寸法)約20cm

   
  生産地 日本(沖縄)
     
  価格82,500円(税込)
   
 
   
   
  この商品について問い合わせる
   
   
 
       
       
       
       
       
       
       
 

当店は全てのシーサーを守り神として大切にお届け致します。また、毎月、月の終わりにお届けしたシーサーが、
平安を守るように妻と神社やお寺で祈念しています。
また写真は、窯の前で祈る父です。父を始め当店が取り扱うシーサーは、職人さんが自分のもてる業を魂こめて制作した本物の
シーサーです。皆様にいつまでも平安が訪れると僕は確信しています。

       
 
 
       
 
 
 
シーサーの歴史 シーサーの意味と由来 シーサーの種類 シーサーの置き方

沖縄を知る・伝える・創造する! しまんちゅ工房:沖縄県与那原町字上与那原364−1 電話/FAX 098-946-3035 代表者 新垣 信人

Copyright (C) 2010 shimancyu-koubou All Rights Reserved. 禁無断複製、無断転載、 このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。

               
本格シーサー シーサー一覧 壁掛けシーサー 魔除け獅子 小さいシーサー 招福シーサー