シーサー専門店!本物の県産シーサーだけを取り扱って16年のネットショップしまんちゅ工房です。お電話でのご注文、お問合せもお気軽に受けたまわっております。098-946-3035 平日10時〜17時 しまんちゅ工房のトップページを見る メールでのお問合せ 買い物カゴをみる
 
 
シーサー専門店しまんちゅ工房は私達夫婦が運営しています。
 
ようこそ!しまんちゅ工房へ!
沖縄生まれ、沖縄育ちの私達がこの島で生まれたシーサーに、島風を添えてお届けして16年。お越し頂いたご縁を大切に皆様と守り神との出逢いをお手伝い致します。
 
 
シーサー専門店しまんちゅ工房の作品群です。
 
 
シーサーに関するお問合せはコチラからどうぞ。
 
お問い合わせのメールは、24時間承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。2日営業内に返信いたします。
 
 
 
2005年のオープン以来、変わらない当店の約束です。
 
 
シーサーの置き方
 
当店が考えるシーサーの置き方をご説明いたします。これを見ればバッチリ!です!
 
 
特大シーサー!
 
 
シーサーを購入して頂きましたお客様の声をご紹介します。
 
2012年時点で482件の喜びの声を頂戴しています!いつまでもお届けしたシーサーが御守りするように祈念しております。
 
 
 
総合案内
 
 
お支払い方法について
 
 
お届け日数について
 
 
送料・梱包料金について
 
 
返品・交換について
 
 
特定商取引について
 
 
プライバシーポリシー
 
 
 
 
琉球ガラスの通販は姉妹店でどうぞ
 
姉妹店の琉球ガラスもあります
琉球ガラスでシーサーを見ながらあっり♪かんぱーい(^^)
 
 
 
 
本格シーサー 魔除けシーサー 壁掛けシーサー 小さいけど本格シーサー 招福シーサー 釉薬シーサー シーサー一覧
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 海を背景に正面向き
 
  はいさい!店長のあらかきです(^^)沖縄は北部!(やんばる)から素敵な作品をご紹介いたします!沖縄の太陽(てぃだ)にも
負けないこのカラフルな色!漆喰シーサーならではの色使い!こんなに可愛らしい作品を制作しているのは、なんと!
僕の母方の親戚でした(^^)
   
   
   
   
   
   
漆喰シーサーを作る城間武志さん
   
 

製作者の城間武志さんをご紹介します(^^)

実は、城間さんからシーサー制作にあたって色々とお話しを聞いていると、名字を見て「もしかして?」とはおもっていましたが、
城間さんが制作している場所は、沖縄の北部と言う地域で、母は南部の大里の出身なので「違うだろう」と・・・。
でも話を伺ってビックリ!間違いなく親戚でした。

これもご縁なのでしょうか(^^)他界した母が繋げてくれたように思います。

さてその城間さん!実は、沖縄生まれではないのです(^^)

城間さんのお父さんが、戦時中の頃に宮崎へ疎開されたそうで、いらいそこで素敵な人と出会い宮崎で家族と共に
過ごされたのでした。僕の祖母も宮崎へ兄弟と共に疎開しています。

宮崎でうまれ育った城間さん。今から25年前に務めていた会社がなくなって途方にくれていたそうです。

会社が突然なくなって家でこもってしまった城間さんですが、沖縄旅行で体験した漆喰シーサーを作り始めたそうです。

恩納村で当時、漆喰シーサーを制作されていた諸見里さんが、その城間さんの漆喰シーサーを見て「これはいい!」と褒めて
くださったそうで、一大決心して単身沖縄で漆喰シーサーを作り始めるのですが、

   
   
   
   
   
   
城間武志さんの工房風景
   
 

なんの所縁も縁もないやんばるの地で制作を始めるのです。写真は、工房なのですが、元々とは消防車両が止められていた車庫
だそうです。今から21年前の沖縄、よそからきた城間さんが地域で認められるには3年かかったそうです。

そうだと思います。いまでも沖縄は離島や地域によっては、地域全体が家族のように強いコミュニティを持っています。

沖縄には門中という男系血筋でやる行事などあるのですが、地域によってはこの門中よりも地域行事が盛んにおこなわれる所が
あって門中という一族をこえた地域単位に家族になり大切にする文化が残っています。

   
   
   
   
   
   
やんばるの豊かな海 嘉陽ビーチ
   
 

写真は、城間さんが制作する工房のすぐ目の前のビーチなのですが、綺麗ですね!この海を見ながら制作する城間さん。
漆喰シーサーは、この綺麗な砂浜から少しだけ砂をまぜて制作しています。少量なので大丈夫でしょう・・・。

   
   
   
   
   
   
嘉陽の砂浜の写真、砂を手に取って細かな砂が手からこぼれていく写真、背景は海
   
  上さんに砂を持ってもらい撮影しましたが、実際僕も手にして感激しました。本島内では珍しく細かい砂で、城間さんは曰はく
「非常に細かくて最高の砂!」だそうです(^^)
当店がある与那原町も海があるのですが、北部の海はやっぱり綺麗です!緑豊かな山もあり、両親も大好きで良く二人でドライブ
に行っていたのを覚えています。
   
   
   
   
 
 
赤瓦を切断する道具
 
 

漆喰シーサーとは、明治22年に赤瓦の製造場所の指定が解禁になる事で瓦の重要が高まり、民間宅にどんどん赤瓦が建築資材と
して乗るようになった頃。当時の職人さんが、家主さんへ工事のお礼として余った赤瓦と余った漆喰でシーサーを作ったのが
始まりだと言われています。

当店がある町は、その赤瓦の産地である与那原(よなばる)町なのです。そして家業も赤瓦を制作して僕も7年間、父と祖父と
叔父さんと赤瓦を製造していました。

城間さんが使用するこの道具ですが、非常に懐かしく思います。いまから18年前、赤瓦を葺く職人さんがこの道具を現場で使用
していたのを今でも覚えています。

この道具は、瓦にガツン!と強く当てて瓦をわる道具です。城間さんが使用しているのは100年前に作られた古い赤瓦と、
その与那原町で制作された赤瓦の二種類を使用しています。古い瓦は大変貴重なのですが、
技術が今ほどはなくモロイ瓦もあるので、使い分けているそうです。

 
 
 
 
 
 
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 乾燥中の写真
 
 

写真は、工房が隣接している道路で乾燥中の漆喰シーサーです。歩道ですが・・・。大きい歩道なので大丈夫でしょう!

ここはタイムスリップしたように、のんびりとして実に沖縄らしい場所です(^^)

漆喰シーサーは、乾燥しては制作してまた乾燥して色付けしてと制作にとても時間がかかります。焼き物と違って窯入れは
ないのですが、手作りされた立派なシーサーだと僕は思います。

ただ!やっぱり漆喰なので、沖縄の屋根をいろどる赤瓦も漆喰を塗り替え工事が必要になるように、保証期間は10〜15年
ですので、漆喰シーサーも屋外では風化していきます。

ですので、屋内への設置をオススメいたしますが、風化もまた良し!とする考え方も
僕は大好きです。

 
   
   
   
   
   
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 右向きの写真 背景は海
   
 

城間さんが制作する漆喰シーサーは、地元の海が良く似合う作品です。撮影していて本当に楽しかったです(^^)

ちゅら海に負けない鮮やかな色!空と名付けたこの作品は、爽やかな島風を運んでくれる気持ちの良い色をしています。

青は精神的な静寂を与えてくれると言われています。集中力も高めてくれそうな色で今日も張りきっていきましょう〜〜(^^)

   
   
   
   
   
   
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 海が背景の後ろ向き写真
   
 

後ろ姿も可愛いですね(^^)足には、制作者の名前である武志さんの一文字が入っています。

シーサーを設置する時はぜひ!願掛けをすることをオススメいたします。どんな未来を歩きたいのか?

どんな自分でありたいのか?そんな事を設置する時に願掛けするとシーサーの「志」を見るたびに思い出して、おのずと行動
できると思います!オススメいたします(^^)

   
   
   
   
   
   
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 海が背景の正面写真
   
 

一人宮崎から生まれ島にわたって漆喰シーサーを一から作る。勇気のある行動であり、そして無謀だと思うのです。
でも21年もの間、漆喰シーサーを作り続けてきた。

こんなに可愛いシーサーから想像もつかないご苦労をされてきた城間さん。そんな城間さんを宮崎からずっと応援されてきた
奥様が3年前に他界されて、とても落ち込んだ城間さん。

でも見てください、この作品。最高の笑顔です。沢山哀しい事を経験されて心も疲弊した事があるそうですが、だからこそ
生まれる最高の笑顔。

大丈夫!やってみよう!そう思える最高の作品です!

   
   
   
   
   
   
やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 写真 緑に囲まれた
   
 

海も綺麗ですがやんばるは、緑豊かな地域でもあります。やんばるから笑顔になれる漆喰シーサーをお届け致します。

またこちらの作品は完全一点モノになるので、写真の作品がお手元にいきます。注文があれば完売となりますので
おお!と思った方はぜひ!お早めに購入ください(^^)

   
   
   
   
   
 
   
   
  やんばる漆喰シーサー「てぃだ」 作 城間武志 やんばる漆喰シーサー「空」
作 城間武志
   
  作品情報
高さ(最大寸法)約25cm
横幅(最大寸法)約22cm
奥行(最大寸法)約16cm
重量(オス一体)約3.15キロ
   
  生産地 日本(沖縄)
     
  価格17,600円(税込)
   
  完売御礼
   
   
  この商品について問い合わせる
   
  ご感想
       
       
       
       
       
       
       
 

当店は全てのシーサーを守り神として大切にお届け致します。また、毎月、月の終わりにお届けしたシーサーが、
平安を守るように妻と神社やお寺で祈念しています。
また写真は、窯の前で祈る父です。父を始め当店が取り扱うシーサーは、職人さんが自分のもてる業を魂こめて制作した本物の
シーサーです。皆様にいつまでも平安が訪れると僕は確信しています。

       
 
 
       
 
トップへ戻る
 
シーサーの歴史 シーサーの意味と由来 シーサーの種類 シーサーの置き方

沖縄を知る・伝える・創造する! しまんちゅ工房:沖縄県与那原町字上与那原364−1 電話/FAX 098-946-3035 代表者 新垣 信人

Copyright (C) 2010 shimancyu-koubou All Rights Reserved. 禁無断複製、無断転載、 このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。

               
本格シーサー シーサー一覧 壁掛けシーサー 魔除け獅子 小さいシーサー 招福シーサー